私の自慢の身内は手厚い主人ってかわいい乳

私の自慢の身内は手厚い主人ってかわいい乳児だ。
主人はとても優しくて、家庭に積極的に参加して頂ける。
休みはクレンジングやお献立も手伝って頂ける。
子どものこともすごくかわいがって、オムツの取り換えもして頂ける。
我々が精神病になり医者に入院することになっても、離婚してもいいよと言ったのに、離婚しませんでした。
入院インナーは毎日お見舞いに来てくれて、ウィークエンドはきっちり外泊させてくれていました。
結婚して5年代たっても子どもができなかったのですが、これ程容易い主人の子どもがやっぱほしくなって、核心医者から退院してから不妊治療を受けました。
そうして、不妊治療にあたって半年まぶたに子どもが授かりました。
元気な男児が誕生しました。
核心薬を飲んでいたので、奇形児だったらいかんせんとか不安でしたが、なんお被害もなく産まれてきました。
大きなガラリチリとしたまぶたを通していて、やけに良いだ。
小さな頃は一心にギャルに間違えられていました。
水素水生成器

今は三歳になったのですが、ひらがなも幾らか読めるし、数字も10までわかります。
かわいくて上手い乳児がずいぶん情愛おしいだ。
そんな主人という乳児がいて、我々はとても幸せです。